So-net無料ブログ作成
ボードゲーム ブログトップ
前の10件 | -

幕末京都騒乱 [ボードゲーム]

 友人たちと集まってボードゲーム。
 まずはタイトルのゲームから。

 幕末の薩長同盟が結ばれる前の時期がゲームの時代設定。
 プレイヤーは佐幕派と討幕派に別れ、長州藩・会津藩・倒幕志士・新撰組をそれぞれ担当し、それぞれの勝利条件を目指していきます。

 私は新撰組で、途中までは良かったのですが、終盤に長州藩がようやく兵力を大量投入出来るようになったところで一気に崩されました。
 ただ、この行動で長州藩は一気に資金を失って身動きが取れないようになり、倒幕志士がちゃっかりとトップを取って終了。

 あとはお互いに相手の潜水艦の位置を探りながら対潜水艦戦闘のゲームとか。
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

ドイツゲーム会 [ボードゲーム]

 ドイツゲームと言いつつ、今回プレイしたのはフランス製だったりしますが。

 「12季節の魔法使い」
 最初のカードドラフト(配られた9枚の中から1枚を選んで残り8枚を左隣に回し、右隣から回ってきた8枚から1枚選んで7枚をまた左隣へ、を繰り返します)でよいカードを獲得することができました。
 他の人が行動するたびに勝利点を吸い上げるカードを早いラウンドで2枚出すことができたため、地道に吸い上げていつの間にやらトップ。

 次のゲームは・・・、ゲーム名忘れた。
 資材とお金を集めて町を建築し、築城資材を献上し、と言う感じのゲーム。
 献上が一番のポイント稼ぎだったのですが、序盤献上し損ねて勝利点が伸びませんでした。
 結果は3位。

 楽しい一日でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

勝てませんでした [ボードゲーム]

 久々のボードゲーム。
 最初は「Dxit」。
 序盤は飛び出していましたが、なかなかアイデアが出ず、最後で追い越されて2位転落。

 続いて「匠」。
 庭園を造って芸術家に評価してもらう、と言うゲームですけど、最初に手札として受け取った芸術家カードは良かったものの、第1反の競りで負けたのが響き、序盤は最下位。
 徐々に追い上げていったのですが、ラストでトップがダッシュ。
 とは言え、トップと私との間で芸術家カードを循環させたのが原因なのですけど。
 結果、2位。

 会場は西市民センターで、家は東区。
 原付で会場に来ていたので、18時過ぎで撤退。
 帰り着くまで1時間ほどかかりました。
 まあ、地下鉄バスを乗り換えて移動したとしても、乗り継ぎの待ち時間を考慮すると変わらなかったりします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

海の日はボードゲーム [ボードゲーム]

 友人が市民センターに場所をとってくれたので、集まってボードゲーム。
 
 最初はファーストフードチェンのボードゲーム。
 持ち主曰く、来月あたり日本語版が出るとか。
 コンポーネントとシステムの練りがもう一つな感じでしたが、そこそこおもしろい。

 続いて薬品原料に見立てた4色のビー玉を8つのレーンから取って薬品を合成していくゲーム。
 薬品ごとに必要な色と数が決められていて、合成に成功した薬品の点数と合成した数によるボーナス得点で勝敗を争うもの。
 全員同じ色を必要とする薬品を合成しようとしていたりしたので、なかなかそろわない。

 そして、職人を集めて建物を造っていくゲーム。
 職人それぞれが石材・木材・測量精度・瓦を0~3持っていて、建物建築に必要な材料は各々1~5。
 職人を集めて建物に必要な材料をそろえたら完成。
 職人を集めるときに職人ごとの賃金を払い、建物が完成したら引き渡し費用を受け取ると言うシステム。
 建物の中には材料を供給してくれるものがあって、職人の代わりに無料で使用可能。


 いずれも、いつものローリスク・ローリターン策が裏目に出て、最下位ではないもののトップはとれませんでした。
 久々のゲームはとても楽しかったです。

ドイツゲーム会 [ボードゲーム]

 今回は勝てませんでした。
 まずは全員で協力プレイのゲーム。
 敗北条件の中に「ターンマーカーが最後まで行った時に勝利条件を達成していないと敗北」「魔物がお城エリアに入ったら敗北」とあるのでお城付近に近付いてくる魔物をいくつか倒したのですが・・・。

 ターンマーカーが4割くらい進んだところで勝利条件の提示と魔物の増援。
 お城エリアに置かれた「王の親書」を14エリア先の「聖なる樹まで運べ。」
 で、増援はその移動コース上、親書を持っているキャラクターと魔物が同じエリアに入ってはダメ、敵を倒すとターンマーカーが1つ進む。

 序盤で全員能力値を上げきれないままだったため、魔物を倒すのに時間がかかり敗北確定。

 レースゲームでは予想が外れ、商売のゲームではポイントを上手く稼げず、どちらも4人中3位。

 勝てはしませんでしたが、楽しい1日でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

今日はローリスクローリターンの勝利 [ボードゲーム]

 市民センターの会議室を友人が借りてくれてボードゲーム会を開催してくれました。
 昼前に着いたのですが、なかなかメンバーが集まらず、持ち込んだ昼食を食べ終わった頃にようやく4人目が揃い、ゲーム開始。

 まずは「12季節の魔法使い」から。
 今まで取り入れなかった上級ルールカードを使うとのことで、ワクワク。
 ・・・、上級カードの中には凄くぶっ壊れたカードもありました。
 途中の得点は有って無きが如しのゲームなので、途中までは得点を消費して場に出すカードのために貯めるものと割り切り、博打は打たずにリスクは最小限に、を心がけた結果、終了後の得点計算で僅差でトップになりました。

 続いて「世界の七不思議」をプレイ。
 ランダムで国を選んだ結果「バビロニア」。
 国ボードにA面とB面とが有るので、多少の博打はありますが通常は捨て札となる最後の1枚を使用出来るB面を選択。
 ペナルティーを受ける代わりに大得点、と言うのを避けて地道にプレイしていった結果、終了後の得点計算でこちらも僅差でトップ。

 今日はローリスクローリターンが上手く回ったようです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

そろった! [ボードゲーム]

 管内の3つの町に、日赤関係で14日締め切りでお願いしていた書類が揃いました。
 ただし、終業直後。

 PCの電源を落としてから文書の確認に行ったら16:53付でファックスが来ていたのです。
 仕方ない、金曜日出勤したら朝イチで起案しよう。
 予定は月曜夕方だったから、ゆとりが出来た。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

今日もダイスを使わないゲーム [ボードゲーム]

 たぶん家から1番遠い市民センターに場所を盗ってあったので、最初はバイクをリバレインにおいて天神から地下鉄城南線で行くつもりでしたが、そのまま直行。

 ・・・、道を間違えました。^0^;



 で、予定より10分くらい遅れて会場へ到着すると、2人ほど仕事が入ってキャンセルと言うことで、集まったのは私を含めて3人だけ。



 まずは「枯山水」から。

 ・・・、プレイ中に、色々とルールを間違っていたことが判明して修正しながらのプレイとなりました。

 1つはタイルの譲渡が強制ではなくお互いの合意の元行われること、もう1つはタイルの配置は坊さんコマの位置には関係ないと言うこと。

 その結果、石の配置で得点を重ねたMさんがブッチギリ。

 しかしまあ、タイル配置の左右対称はかなり苦労するのに5点、石の桂馬飛び配置は偶然出来ることもあるのに5点と、配点に納得がいかないというのが全員一致。



 息抜きに「漢これ」。

 「艦これ」ではありません。

 手持ちの部首カードと、場に人数分オープンされる「偏」or「冠」カードを組み合わせてフィーリングで「感字」を作り出すゲーム。

 ・・・、男ばかりでやると、下ネタに走ってしまうことが判明。

 主催者のNさんが勝利。



 続いて、ラクダ駒をつなげて並べていくゲーム。

 オアシスに隣接させて、池を占領して、土地を囲んで、5色のラクダ駒それぞれで最長キャラバンを作って、得点を重ねていき、僅差で私が勝利。



 他にも持ち寄ったゲームもありましたが、そこでお開き。

 楽しい休日でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

賽の目 [ボードゲーム]

 友人が場所を確保してくれたので、ボードゲーム。
 今回は未プレイだったゲームばかり。
 おや、しかも、サイコロを振らないゲームばかり。

 偶然の要素は、山から出てくるカードやタイルの順番くらいで、他のプレイヤーとの読み合い。

 最初のゲームのみ勝てましたが、そのゲームも含めて、最後の詰めが甘かったです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

枯山水をプレイした結果 [ボードゲーム]

 ゲーム仲間と集まって4人で枯山水をプレイ。

 予想通り、激しいバトルとなりました。



 引いてきたタイルが使えなければ、他にも使えなさそうなプレイヤーを見つけて「譲渡」して「徳」を2点獲得。

 「譲渡」で獲得した2点や「座禅」で獲得した「徳」1点を貯め、貯めた「徳」を消費して、他の人が配置した直後のタイルを「強奪」したり庭石を買ったり。



 まあ、この手の箱庭作製ゲームでは多人数ソロプレイに陥りがちなのですが、それを防ぐためのルールによって激しいバトルが起こり、世間一般のイメージとは全く違う展開に。



 1人がぼそりと「強奪するために徳を積むって・・・、変」。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム
前の10件 | - ボードゲーム ブログトップ